CONTACT

QUALITY

品質への取り組み

HISTORY

品質保証認証沿革

食品安全マネジメントシステム「FSSC22000」弊社4工場の認証取得完了‼

2002年(平成14年)10月 品質マネジメントシステム「ISO9001:1994版」の認証取得
2003年(平成15年)12月 品質マネジメントシステム「ISO9001:2000版」の認証取得
2009年(平成21年)12月 品質マネジメントシステム「ISO9001:2008版」の認証取得
2016年(平成28年)08月 食品安全マネジメントシステム「ISO22000:2005版」の認証取得
(レトルト第一工場、レトルト第二工場)
2017年(平成29年)09月 食品安全マネジメントシステム「ISO22000:2005版」の認証取得
(醤油工場、だしの素工場、具材工場、セットアップ工場)
2019年(令和元年)08月 食品安全マネジメントシステム「FSSC22000:Version4.1」の認証取得
(レトルト第一工場、レトルト第二工場、セットアップ工場、具材工場)

当社は、「安全なものづくり」を経営理念とし、品質第一の食品製造業として、お客様に安心・安全な食品を提供できる、夢あるものづくりを追求しています。 その実績として、食品マネジメントシステム「ISO22000」を全6工場が認証取得、さらに、レトルト第一工場、レトルト第二工場、セットアップ工場、および 具材工場の4工場が「FSSC22000」の認証を取得し、お客様の立場に立った、食品の安全へのこだわりを追求し続けています。 私共は、お客様の要望に応えるべく、より高いレベルの品質管理システムを構築し、全従業員が経営方針である「安全なものづくり」に邁進し、安心で 安全な、そして信頼のおける食品をお届けできるよう、努力を続けてまいります。

QUALITY GUARANTEED

品質保証認証

食品安全マネジメントシステム「FSSC22000」とは…

食品の安全を守るための国際規格であり、品質マネジメントシステム「ISO9001」と食品衛生管理システム「HACCP」を取り入れた「ISO22000」に、新しく「ISO/TS22002シリーズ」を組み合わせて開発された規格になります。「ISO22000」単体ではカバーできなかった食品安全対策についても定められており、世界規模で食品安全対策に取り組むため、すべき項目がより具体化されているところが特徴的です。

品質保認証証